傷んでいた玄関ドアを交換しました

おはようございます。ミズノ硝子建材の小国です。

昨日は排雪作業に追われ、なかなか忙しい一日でした。
市の排雪場も大量の雪で覆われてしまい、もう捨てるところも山盛り状態でした。

もうしばらく雪はいらないです。

さて今日は、緑ヶ丘Y様邸の玄関ドア取替え工事の写真を紹介します。

ドアの下部がぼろぼろになり、ゴムパッキン等も無くなって隙間だらけになっていました。

交換前
ドア交換前

 

下部が傷んでゴムパッキン等も無くなっていました
下部が傷んでゴムパッキン等も無くなっていました
 
新しいドアは扉だけを交換するのではなく、古いドアを外した後に新しいドア枠を取付け、その後新しいドアを取り付けました。
そうすることで仕上がりはもちろん密閉性も良くなります。
交換後
新しいドアを取り付けた後
従来のドア枠の中に新しいドア枠を取り付けています。
従来のドア枠の中に新しいドア枠を取り付けています。
傷んでいた部分も密閉性がよくなりすきま風がなくなりました
密閉性がよくなりすきま風もなくなりました

 

無事に取り付けも終わり、隙間もなくなり、「これで雪も入ってこないで使える」と喜んでいただきました。

 

ドアの傷みでお困りの方、ぜひご一度相談ください。

ご相談・お見積もりは無料です。(TEL 23-3161まで)

 

断熱内窓でエコしてみませんか?

ミズノ硝子建材ではお手軽に断熱性をアップし暖房代・冷房代が節約できる、断熱内窓の取付をおすすめしています。 →詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です